若ハゲダンディのサイクリングロード最近、ハゲが気になってきたアラフォー男の日記です。休日はよくマウンテンバイクに乗ってます!天気が良い今日この頃。

いちごのように鼻に黒い“ポツポツ”が・・・。いったいこれは何!?と感じられている方はいませんか?それは、いちごの種ではありませんよ。厳密には、余分な皮脂のカタマリが酸化したものです。放置しておくと、シミやシワの原因となる活性酵素が発生してしまいます。そのため、いちご鼻を見つけたら早めの対処が必要なのです。

いちご鼻のような大人にきびは、思春期にできるにきびとは、性格が異なります。大人になると仕事の疲れや人間関係などのストレス、乱れた食生活などの生活習慣が大きく変化します。これらの変化は、身体にも複雑な変化を与えます。通常、皮脂は私たちの肌表面を保護する役割を持ちます。しかし、様々な原因により、過剰に皮脂が分泌されると、うまく処理できなくなり、空気で酸化してしまうのです。

いちご鼻の対処方法には、洗顔が第一です。また、洗顔前に毛穴に詰まる皮脂を浮き上がらせるために蒸しタオルを利用することも効果大です。一度、黒ずんでしまったシミやくすみは、美白対策を考えましょう。また、水分補給も忘れてはいけません。十分に水分の行き届いた肌であれば、毛穴は目立ちません。

いちご鼻になってしまったら一朝一夕では改善できないかも知れません。毎日のケアで少しずつ改善させて下さい。

いちご鼻の解消@治療・改善ガイド

人間の関節数は、200とも300とも言われており、その約60%が手足にあると言われています。そして、関節軟骨は、人間の骨と骨をつなぐ重要な役割を持っています。関節軟骨を形成している成分は、水分が65%以上で、コラーゲンが15%、コンドロイチン硫酸が5%を占めています。

コンドロイチンは、関節軟骨の水分保持やクッション性を維持する役割を担っています。しかし、関節軟骨は、加齢に伴いすり減り減少してしまいます。さらには、コンドロイチンの体内での生成量も加齢と伴に減少してしまうのです。

関節痛などが起こる原因のひとつには、骨と骨を支えている潤滑油的な存在である関節軟骨の減少により発生しているのです。

コンドロイチン硫酸の発見は、意外に古く、今から140年以上前にドイツの化学者フィッシャーにより発見されました。当初は、その構造の難しさから謎の多い物質でした。近年、コンドロイチン硫酸の注目度は高まっており、生命科学の分野でも第三の生命鎖として研究が進んでいます。

コンドロイチン硫酸は、私たちが生きていくために必要な成分です。先に述べたように加齢によって徐々に減少していく成分であるため、30代以降になると積極的に摂取する必要があるとも言われています。

off 江戸の大老柳沢吉保

admin to 歴史  

江戸時代、時の五代将軍綱吉の時代に生きた大老のひとりに柳沢吉保という人物がいました。柳沢吉保という人物、どこかで聞いたことはありませんか? あの有名な時代劇「水戸黄門」では、黄門様を快く思わない悪役として描かれていたことでも知られていますよね。

柳沢吉保は、江戸時代の前期に活躍した人物で知られています。柳沢家の発祥は甲斐の国(現山梨県)で、清和源氏の流れを引く甲斐源氏の一門です。甲斐源氏といえば戦国時代の武将武田信玄が有名ですが、柳沢家も武田氏の一門宗だったのです。

残念ながら、吉保の生まれたときにはすでに武田家は滅亡していました。武田家の家臣は徳川家康によって徳川家家臣に名を連ねていましたが、吉保の祖父もまた武田家から徳川家家臣に登用されたひとりでした。

柳沢吉保が世に頭角を現したのは五代将軍綱吉の時代でした。綱吉の寵愛を受けた吉保は、1688年に大名へと登りつめます。1694年には川越藩主となり、その後甲府徳川家の家宣が綱吉の後継者として決定されると、家宣の後任者として甲府藩の藩主となります。ちなみに吉保の名前は松平吉保ともいい、将軍の名字である松平と、綱吉の名前から一時を拝して吉保という名前になりました。

吉保は、綱吉の死後権力を失い、その後江戸の本駒込で隠居生活を送り、57歳でこの世を去っています。

柳沢家はその後、家督を譲りうけた長男吉里の時代に甲府城から奈良県の大和郡山城へと移るわけですが、大和郡山といえば日本でも有数の金魚の産地として有名ですよね。当時金魚の養殖は武士の副業として盛んでしたが、甲府城下でもそれは例外ではありませんでした。その後の大和郡山城に移る際に、吉里が甲府から金魚の養殖業者も一緒に連れて行ったことが、大和郡山における金魚文化の発祥だと言われています。

柳沢吉保の遺徳を偲び、現在でも山梨県の甲州市にある恵林寺では武田信玄の墓所の隣に吉保の墓所があり、また大和郡山市の永慶寺にも吉保の墓所があります。甲府市と大和郡山市は、柳沢家の縁で現在では姉妹都市として盛んに交流が行われています。

「自毛植毛」の口コミや体験者からの評判が高い「ニードシステム頭髪専門クリニック」は、1975年から植毛業界のパイオニアとして定評のあるクリニックです。

「ニードシステム頭髪専門クリニック」が多くの方から選ばれる理由は、信頼される研究の歴史があるからなんです。

新しい毛髪修復方法として、1970年から人工毛植毛方法という医療技術の開発に力を入れ、医学・理学・工学分野の専門家の強力をもとに世界で初めて人工毛植毛方法の実用化に成功し、1975年にニードシステムを確立しました。

 

髪が薄くなるのは男性ホルモンの影響が大きな原因です。ですが、後頭部や側頭部の毛根は男性ホルモンの影響を受けにくく、抜けにくいと言う特長があります。後頭部や側頭部の毛根を増毛したい部位に移植する事により、自分の髪を蘇らせることが出来ます。

髪の角度、密度、間隔などを考慮しながら一本一本丁寧に植毛できる「ニードル法」により完成度の高い植毛を実現しています。

ですから、「ニードシステム頭髪専門クリニック」の自毛植毛は、約95%の高い定着率を実現しています。

移植された毛包からは、新しい毛が生え始めて正常な毛髪サイクルを繰り返す事が出来ます。自分の髪が場所を変えて生え続けるのです。

かつらや増毛法とは違って、メンテナンスも不要です。

ニードシステムなら、安心した自毛植毛が受けられます。

自毛植毛ならこちらのクリニックにご相談を

http://xn--z3vt3dba996t.ws/

 

乳酸菌サプリメントという商品がありますが、この商品の効能についてお話したいと思います。

そもそも乳酸菌とは乳糖やブドウ糖などの糖類を分解して大量の乳酸を生産する細菌の総称です。

乳酸菌というのは昔から食品の加工に使われており、チーズや醤油、漬物や味噌等の発酵食品の多くは乳酸菌を利用して作られたものです。

乳酸菌を使用した発酵食品は、長期保存が可能になったり旨みが生じたり、栄養価もアップする作用があります。

世界各地の土地の風土に合った食品の元になっている乳酸菌ですが、実際に体内に入った場合にはどうなるのでしょうか?

乳酸菌は腸内環境を改善する善玉菌としても有名ですが、腸内で悪玉菌を駆逐して大腸の健康を守っているのです。

ヨーグルトで有名なブルガリアはとても元気で澄明な人が多いことで知られており、乳酸菌の果たす健康への役割は近年注目を集めています。

特にビフィズス菌などは有名ですね。

参考サイト:乳酸菌サプリ

こういう効能を持つ乳酸菌をふんだんに含み、凝縮された乳酸菌サプリが体に悪いわけはないと思います。

サプリによって含まれている乳酸菌の種類に違いはありますが、それぞれのサプリには主な効能などがありますので、そのあたりに注意しつつ自分に合うサプリメントをご購入ください。

 

乳酸菌サプリメントの効果ランキング

http://xn--vck8crc619o9z9c8er.com/

 

 

最近、住宅を購入する際には必ずといってもいいほど耳にするのが、フラット35という言葉ではないでしょうか?現在では、このフラット35を中心として、複数の住宅ローンが存在しているのです。

フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している、ローン期間が35年の長期固定金利住宅ローンなのです。フラット35では全期間固定金利となっており、保証料もかからず、繰上げ返済も無料で行うことができるものなのです。

低金利時代には長期固定金利の住宅ローンを組む事がとても有利であり、フラット35は35年の固定金利なので、低金利時代にはおすすめの住宅ローンといえるものなのです。

住宅金融公庫のローンとの違いは、金利や手数料が金融機関ごとに異なる点であり、フラット35の場合ですと、各銀行にモーゲージ会社など、住宅金融ローン専門の会社が加わり、顧客獲得競争が激しくなり、そのため各社とも差別化を計るために、独自のサービスなどを提供する工夫をしているのです。

フラット35の最大のメリットは35年の長期固定ローンだということですが、最近では金融機関の住宅ローンでも、20年・25年までの固定ローンで、一般的なフラット35より低い金利の住宅ローンを取り扱うところも出てきており、一概にフラット35が有利とはいえなくなってきているのです。

 

フラット35を考えてるなら

http://xn--35-9i4aua7d9f.com/

フィナステリドの育毛剤といえば、プロペシアが筆頭として思い浮かぶのではないでしょうか。エージーエー治療にもかかせないこの治療薬は、フィナステリドがはじめて育毛剤として世に出たときの商品でして、日本国内でもかなりの数にのぼる方が現在でも使用されています。

プロペシアは、皮膚科にいけば、大きなところであれば脱毛症の治療薬として処方してくれますが、だいたい、1万円くらい毎月かかるので、経済的にも大変という方が多いかと思います。

その一方で、フィナステリド剤には数々のジェネリック医薬品がございますので、たとえばフィンペシアなどを、個人輸入代行店を通して購入すると、その数分の一の価格で同等の効果を得ることができますので、慣れている方はそちらを服用されることが多いみたいですね。

フィナステリドは、前頭部であれ、頭頂部であれ、問題なく効果を発揮しますので、万人型の薄毛治療薬と見ていいでしょう。副作用もかなり軽微です。かといって、用量や用法といったものを守らないのであれば、それはそれでよくありませんので、一番無難なのは、最初は医師の指示のもとに服用するということです。

そして、だいたいこんな感じで飲めばいいのだな、というのがつかめてきますので、そのときはじめて個人輸入を使って格安のフィナステリド剤を購入していけばよいのではないかと思います。

なぜ世の中ハゲになってしまう人と全くならない人がいるのでしょう。

薄毛は殆どが遺伝だと聞いたことがありますが、人類どっかで血が繋がっているって事を考えると、この差はありえないはず。

というか、単に自分だけ禿げているのが悔しいんです。

僕は二十代にもかかわらず早くも頭頂部が薄くなっているいわゆるAGAです。

当初は母の指摘で気づいたくらいのなんとなく薄いな・・・程度のものでしたが、時間の経過と共にどんどん薄くなっていきました。

気になり出した頃AGAの存在を知ったのですが、AGAは進行するというのを医者に聞きまして、そんな事ならばもっと早く手を打つべきだったと激しく後悔しましたね。

ただ、AGAには治療薬があり、病院で処方されるフィナステリド錠こそがこの薄毛の治療薬です。

商品名をプロペシアと言うのですが、このフィナステリド錠で育毛・発毛されていることが実に多いことに驚きました。

こんなに薄毛に悩んでいるのは自分だけだと悲観していましたが、僕と同世代と思われる方も多くいらっしゃって、しかもプロペシアでAGAの進行がストップした方もいると聞いて勇気が湧いてきました。

プロペシアはあくまで脱毛抑止剤とされているそうなので、さらなる発毛を考えるならばミノキシジル系の育毛剤を併用した方が良いと勧められました。

なので、今は病院でもらったプロペシアとミノキシジル配合の育毛剤を使って日々育毛・発毛に励んでいます。